【超わかりやすく】NURO光の支払い方法を徹底まとめ!

MENU

【超わかりやすく】NURO光の支払い方法を徹底まとめ!

ここではNURO光の支払い方法についてまとめました。So-netへの支払い方法は大きく分けて「クレジットカード」・「口座振替」の2種類となります。

 

【超わかりやすく】NURO光の支払い方法を徹底まとめ!【目次】

 

NURO光の支払い方法Ⅰ:クレジットカード

NURO光の使用料をクレジットカードで払う場合のメリット NURO光の使用料をクレジットカードで払う場合のデメリット

・手数料無料
・支払い方法の登録までが早い(開通に影響を与えない)

・請求明細が発行されない(So-netのマイページより確認可能)
・契約者本人名義のクレジットカードが必要

 

NURO光の支払いに使用できるのは「VISA」・「Master」・「AMEX」・「ダイナース」・「JCB」のみとなります。また、クレジットカードが何らかの原因で請求出来なかった場合はNURO光の支払い方法Ⅲ:コンビニ支払いとなります。

 

請求明細書は、法人会員のみマイページからの申し込みによって月額200円で発行が可能です。

 

NURO光の支払い方法Ⅱ:口座振替

NURO光の使用料を口座振替で払う場合のメリット NURO光の使用料を口座振替で払う場合のデメリット

・クレジットカード無しでもNURO光を利用することができる
・費用が発生するが請求書の発行が可能
・So-netのマイページから内訳を見ることも可能

・請求書発行の有(300円/月)無(200円/月)に関わらず手数料が発生
・登録完了に時間がかかる場合があり、開通の進捗に影響する可能性がある
・申し込み方法によって利用できる金融機関が異なる

 

NURO光の支払い方法を口座振替にした場合、当月分の引き落としは翌々月の27日となります。(27日が休日の場合は翌営業日)

 

申込者が20歳未満の場合はWeb申し込みが不可となり、申し込み書に親権者の同意サインが必要となります。また、口座は契約者本人名義または同性の家族名義の口座のみとなります。

 

法人で請求明細書を発行する場合は月額400円の手数料がかかります。また、口座登録までに時間がかかる為、一時的にNURO光の支払い方法Ⅲ:コンビニ支払いとなる場合があります。

 

また、「申込書」と「Web申し込み」によって利用できる金融機関が異なります。詳しくは各申し込みによって利用できる金融機関についてを参考にして下さい。

 

NURO光の支払い方法Ⅲ:コンビニ支払い

「コンビニ支払い」はNURO光の通常の支払い方法ではありません。上記の支払い方法が利用できない場合に一時的に適用される支払い方法となります。

 

NURO光でコンビニ支払いが適用される条件
  • 入会時に支払い方法が未登録
  • クレジットカードが何らかの原因(解約や期限切れ)によって利用できなかった
  • 口座振替の口座登録に時間がかかっている

 

また、コンビニ支払いのデメリットとして毎回200円の「払込票発行手数料」が発生します。また、払込票の再発行は行っていない為、払込用紙を紛失した場合は翌月7~10日に新たな払込用紙が届くのを待つ必要があります。

 

NURO光発行の払込用紙で支払い可能なコンビニまとめ

セブンイレブン

ローソン

ファミリーマート

デイリーヤマザキ

ヤマザキデイリーストア

スリーエフ

セーブオン

サークルK

MMK設置店

ミニストップ

セイコーマート

サンクス

ココストア

ポプラ

コミュニティ・ストア