NURO光申し込み後、引っ越ししたらどうなるの?

MENU

NURO光申し込み後、引っ越ししたらどうなるの?

「NURO光に申し込んだんだけど、急な引っ越しが決まってしまった!」そんな時にどうすればよいのか、ケースに合わせて必要な手続きをご紹介していきます。

 

基本的にNURO光では移転手続きも可能なんですが、引っ越しすることが分かったタイミングによっては一度解約してしまってから再契約した方が良い場合があります。

 

NURO光申し込み後、引っ越ししたらどうなるの?【目次】

 

NURO光申し込み後、引っ越した場合の対応

NURO光に申し込んで、まだ工事も手付かずの状態で引っ越した場合はNURO光のサポートに電話をして、今申し込み中の契約をキャンセルしましょう。

 

もし引っ越し先の住所が決まっていれば、そこでNURO光のサービスが受けられるようなら新住所で再度申し込みをすればOKです。

 

ただ、電話でそのまま申し込まずに必ずに公式サイトのキャンペーン画面から申し込みをしましょう。

 

キャンペーンはキャッシュバックを受け取る前であれば改めて利用が可能なのでそのまま電話で申し込んでしまうのは勿体ないです。

 

勿論、工事はまだ手付かずの状態なので工事費は発生しません。また、まだ回線も通っていないので解約解除料(9,500円)も発生しません。

 

その為、「お金がかかるのかな?」と不安になることはなく、次の住所が決まっていれば新住所でNURO光のサービスが受けられるか確認しておきましょう。

 

 

 

 

NURO光申し込み後、屋外工事の後に引っ越した場合対応

屋外工事の後に引っ越しが決まった場合は、すぐにNURO光のサービスセンターに電話を入れましょう。実は屋外工事までは料金が発生せずに申し込みのキャンセルが可能なんです。

 

NURO光では「屋外工事」と「屋内工事」の2回に分けて工事を行うんですが、「屋外工事」は申し込み後1~2週間で工事が完了します。(日程の変更などが無ければ)

 

ただ、2回目の「屋外工事」の日程調整に時間がかかり、「屋内工事」が終わった段階でキャンセルする人もいて、その人のブログ記事からの情報です。

 

まぁ確かに「屋外工事」に着手してしまってはいるんですが、好き好んで引っ越しをする訳ではないですし、そもそもまだサービスも利用していないので、「工事費」だ「違約金」だと言われる覚えはないですよね?

 

そもそも利用者側としては、引っ越し先でもNURO光を使いたいと思っている訳で、「サービス提供エリア外への引っ越し」であってもそれはNURO側の都合でしかありませんからね。

 

なので引っ越し先がNURO光のサービス対象であっても対象外のエリアであっても、とにかく「屋内工事」の前に電話をして工事のキャンセルをしなきゃいけません。

 

この場合も、引っ越し先がNURO光のサービス対象エリアであれば改めてキャンペーンを利用して申し込むことが可能なので、再度申し込む際は必ず公式サイトのキャンペーン画面から申し込みましょう。

 

 

 

 

NURO光申し込み後、屋内工事の後に引っ越した場合対応

「屋内工事」の後に引っ越しが決まってしまった場合が一番やっかいです。NURO光では移転手続きを行っていない為、引っ越しの際は一度解約してから再契約が必要になります。

 

実は屋内工事が完了するとすでに回線を利用することが可能でこの日を境に開通月となってしまいます。

 

その為、まず2年契約の違約金9,500円が発生+工事費40,000円が発生してしまいます。

 

なので約5万円もかかっちゃうんですね、ただ、キャッシュバックが受け取れるのは4か月後です。キャッシュバックを受け取らなければ新たな入居先でもキャンペーンを改めて利用できます。

 

なので新たな入居先で4か月後にキャッシュバック30,000円を貰うことを考えると、引っ越しに伴う費用として19,500円は最低でもかかっちゃうことになります。

 

ただ、これは新たな入居先でNURO光が開通可能でキャッシュバックを貰えた場合の話しです。引っ越し先がNURO光のサービス対象外エリアだった場合は49,500円全てが利用者の負担となってしまうので、かなりの痛手となりますね。